遺品整理の基礎知識

遺品整理で知っておきたいこと

遺品整理を行うべきタイミングや時期について

遺品整理を行うべきタイミングや時期について 遺品整理を行うタイミング、時期は基本的に自分の気持ちに整理がついたときに行うべきだとされます。
効率的に行うことも可能ですが、精神的に落ち着いていない時期に無理をして遺品整理をしてしまうと余計に心が乱されてしまい思うように進みません。
ただし整理を行うタイミングを失い、長い年月放置したままにしてしまうと、後々で損をしてしまう可能性があるので注意が必要です。
例えば親族が亡くなったのち10ヶ月以内に申請・納税を行わないと延滞税を課されてしまうため、遺品の整理を行っておけば相続する財産を正確に把握できますし、申告と納税がスムーズにすみます。
10ヶ月以内を目安として整理を行うことが目安となります。
また故人が住んでいた家が空き家のまま放置していると、特定空家となり固定資産税が跳ね上がったり50万円以下の過料が課される可能性があるので、できるだけ早めに空き家の遺品を整理し、売却をするか貸すようにすることが大切です。

遺品整理は四十九日が過ぎてからがゆっくり取り組める

遺品整理は四十九日が過ぎてからがゆっくり取り組める 身内で不幸があった際に、悲しみにくれる間もなく最後のお別れの場となる葬儀の準備に取り掛かる必要があります。
遺族にとっては初めての葬儀の準備になる事も多く、バタバタと時間だけが過ぎていくという事も多いです。
そんな中で行う必要がある作業として、亡くなった家族の遺品整理があります。
一緒に生活している場合であればぐっと負担は抑えられますが、1人暮らしをしている場合などがあるとどうしても作業自体は増える事が多いです。
葬儀が終わってから直ぐに取り掛かるという事も重要ですが、やはり法要として四十九日が過ぎてから遺品整理を始めるという場合が多くあります。
四十九日までの間にも遺族側には様々な法要があり、手続きなど様々な作業を行う必要があります。
そのためある程度法要が終わった後に遺品整理に始めることで、気持ち的にも余裕をもって作業を行う事が可能です。
もちろん賃貸を利用している場合は料金など気になる事も多くありますが、その点も踏まえて慌てずに進める事がポイントとなります。