遺品整理の基礎知識

遺品整理で知っておきたいこと

当サイトでは遺品整理で知っておきたい基本的な知識について紹介しているため、これから遺品を整理しなければならないと考えている人は、一度目を通しておくと参考になります。
特になぜ整理をしなければならないのかや、行うべきタイミングは知っておくことで、時間がたってから後悔や迷いが出なくなるからです。
大切な人の思い出の品をすべて処分するか、売却して遺産分配に当てるかなど、遺族間で話し合うべきことなどを理解しておくと、整理がスムーズに行われるため参考になります。

誰でも経験する事なので知っておきたい!遺品整理の豆知識や基本ご紹介します!

誰でも経験する事なので知っておきたい!遺品整理の豆知識や基本ご紹介します! 遺品整理の方法となるのは、必ずしも処分ばかりではありません。
処分だけが整理と考えていると、大変もったいないことになるため、慎重に整理を依頼したほうがいいでしょう。
自分たちだけで整理をすると、遺品の真の価値がわからなくなるため、整理業者を呼んで冷静に判断してもらいながら片づけることが必要です。
豆知識ですが、実際に業者の中には、非常に多数の家の遺品を整理してきた実績がある人や、資格を取得している人が少なくありません。
そのため、素人が勝手に判断して処分する前に依頼意して判断してもらうことで、思いもよらないお宝を発見できる可能性があります。
信頼性の高い業者を確認するポイントは、資格を取得していることをホームページに記載しているかどうかです。
満足できる遺品整理につながるようにするためには、実績や信頼性のある業者に依頼することを忘れないようにしましょう。

遺品整理を行う時に知っておくと便利なポイント

遺品整理を行う時に知っておくと便利なポイント いざ遺品整理を行う立場になると、何から手を付ければいいのかわからないという方は多いです。
そこで知っておくと便利な遺品整理のポイントを押さえておきましょう。
遺品の整理は主に故人が使用していた洋服や文具、家具といったものから、通帳や保険証券なども含まれるため相続人が相続を分割する手続きを行った後に行うことが一般的です。
整理を行うタイミングは人によって様々ですが、多くは葬儀後すみやかに整理を行う場合や四十九日のあと、相続税算出のときに分かれます。
特に葬儀後すみやかに行う必要がある場合とは、故人が賃貸物件に住んでいた場合であり契約内容にもよりますが、亡くなった時点ですみやかに物件を受け渡す必要があったり賃貸契約したままだと家賃を払い続ける必要があるので、はやめに作業を行う場合が多いです。
では実際に整理する時のポイントとして、個人で行う方法もありますが経験がない人は専門業者に依頼をする方法です。
最近では業者の数も増えているので、しっかり資格を持っている業者なのか確認したり今までの実績や利用者の口コミ評価を確認することも大切です。
もし自分で決められないなら、弁護士や司法書士に相談をすることで紹介してもらえます。

まず現金や預金通帳が残ってないか確認

身近な人が亡くなった場合、やるべきことの1つに遺品整理があります。
衣類や家具、家電などを必要な物と不要な物に仕分けまして、不要な物に関しては処分しなければなりません。
少ない量なら問題ありませんが、多い場合はかなりの時間を要する可能性があります。
その際は作業を任せられる遺品整理のサービスが便利です。
丁寧に細かく仕分けの作業を行ってもらうことができるため、時間が足りない時に魅力的なサービスと言えます。
遺品整理を依頼するのであれば、現金や預金通帳が残っていないかを確認するのが知っておきたいポイントです。
スタッフが発見した時はあったことをきちんと報告してもらえるため、誤って捨ててしまうリスクは低いでしょう。
しかし、気づかれないまま片付けが終わって場合も考えられるので、依頼する前に確認することが重要です。
注意すべきなのは故人しかわからない場所に隠しているケースの聞き忘れです。
事前にしっかりと聞いておけば、見逃すリスクを下げることができます。

証券や株に土地の登記簿もないか確認

遺品整理のなかでも財産的価値が見込めることから、株や投資信託・国際等の有価証券や土地や家などの不動産についての登記簿謄本などの確認は重要です。
遺品整理は個人の相続財産を誰が引き継ぐのか遺産分割協議の側面もあるので、相続財産全体を把握する意味でも、これらの遺品が放置されたままになっていないかくまなく確認する必要があるからです。
もっとも最近では上場会社などの株式は電子化が進んでいるので、紙ベースの有価証券は残っていないことも多いといえます。
またあまりに古い株券などは、会社自体が倒産していたりすでに無効になっている可能性もあるので、発見されたら確認することは必須です。
土地建物を所有していれば、購入時や相続時の登記簿謄本なども保管されていることが一般的といえます。
亡くなった名義人の登記簿謄本は効力を喪失しているので、事実上紙切れになっています。
ただし保有している不動産を確認するためにも登記簿謄本の中身を確認しておくことは意味があります。

写真はデータでまとめてコンパクトに

遺品整理では故人の私物を、いる物といらない物とに分けていく作業が必要です。
その際、扱いに困る遺品が出ることもありますが、そのひとつに写真が挙げられます。
大切な思い出が詰まった品なだけに安易に捨てることはできず、かといって保管に困ってしまうこともあるでしょう。
そのような扱いに困る写真は、データ化をしてコンパクトに保存をしておくのが良いかもしれません。
データ化をすれば場所を取ることもなく、劣化の心配もありませんので大切な記録を失ってしまうリスクも軽減されます。
データ化は自宅でスキャナーを用いて行うこともできますが、もし設備がない場合や、やり方がよく分からない時には専門の業者に依頼をするのが良いでしょう。
遺品整理をきっかけにデータ化を希望されるケースが増えていることから、こうしたサービスを専門に扱う業者も登場しています。
オンラインで依頼できるところもありますので、自宅周辺で利用できる業者がない場合でも安心です。

ブランド衣類や宝石類は買取業者を活用

遺品整理では不用品処分やゴミ分別の作業が多くを占めますが、作業の過程で換金できるアイテムが発見されることも珍しくありません。
コレクション性が高く、高い人気を集めるブランドの衣類や宝石などのアクセサリーのなかには相当な金額で処分できる場合があります。
最近ではブランド品やアクセサリーなどを積極的に買い取る専門業者が数多く登場していますが、どこに査定してもらうかにより買取金額に差が出ることが少なくないようです。
リサイクルショップに査定に出しても、鑑定する人の専門外のアイテムでは、安く買い叩かれるリスクもあります。
仮に遺品整理の過程で換金性の期待できる品物が発見されたときには、それぞれのジャンルを専門的に取り扱う業者に査定をだす方が相場も配慮した適正価格での査定を期待できます。
最近では遺品整理業者のなかには、ブランド品や宝石などが発見されたときに買い取って、施工費用に充当するサービスを提供していることも多いようです。

しんどい場合には遺品整理業者や便利屋を活用

遺品整理に向き合うシチュエーションでは、自力でどこまで対処できるのかはかなり個人差があります。
ワンルームやさほど広くない賃貸マンションなどでは、処分するべき品々が少なく、家族や親族だけで片付けることができることもあります。
ところが一軒家やファミリーマンションなどになると、それほどの物持ちでなくても、処分するべきアイテムの数は多くボリュームも無視できません。
特に大型家具や分別が必要な不用品の数々は、自治体のルールに従って分別する作業だけでも大変です。
大型家具のなかには大人が数人がかりでようやく搬出できるということも。
しかも粗大ゴミなどは自治体が指定する場所まで自力で搬送しなければならないので、手間は一層かかります。
遺品整理を完遂することに限界を感じたり、雑然としていたりゴミ屋敷状態になっているときには、遺品整理業者や便利屋などに依頼することも検討してみることをおすすめします。
面倒な分別や大型家具などの搬出もすべてお任せできるからです。

遺品整理のおすすめサイトはこちら

浜松市 遺品整理